プロフィール

Vcsuzukyu

Author:Vcsuzukyu
 横浜マザーズオーケストラのメンバー。チェロ担当です。練習には子どもとチェロを担いで、電車で通ってます!
 ママオケの練習は子連れが当然。合奏の傍らで子どもらは走り回っています。ママオケは、子どもと一緒に音楽を楽しむ、そんなゆる~いオーケストラです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォーラム南太田まつりに出演しました

 10月14日、日曜日。
 京急南太田駅近くのフォーラム南太田で行われた、南太田まつりにて、我らがママオケは2回目のステージを踏むことができました♪
 題して、「家族で楽しむのんびりクラシック」。

 演奏したのは、

 カルメンよりアラゴネーズ
 カヴァレリア・ルスティカーナ
 くるみ割り人形よりワルツ
 誰も寝てはならぬ
 アメイジング・グレイス
 のだメドレー

 の6曲です。

              ちゃんとしてる?


 どうですか?結構ちゃんとしたオケみたいでしょ?(笑)

 子どもたちは舞台袖の一画で、降り番のメンバーが面倒を見ていました。今回の舞台は狭かったので、舞台上に管楽器、舞台下に弦楽器という布陣だったため、とても間近で子どもたちもママの演奏が聞けたんじゃないかな、と思います。
 ウチの息子は、パパがいるにも関わらず、「ママ~ママ~」と控え室から号泣。仕方がないので、出番で舞台に出るときにも抱っこして出て、ワタシの隣の客席に息子を座らせなだめながらの演奏になりました。4曲目あたりからは、「もう終わり?もう終わり?」と何度も聞くので指揮者を困らせてしまって・・・
 この場を借りてお詫びします。

 幸い演奏が始まると、泣くのをガマンしたので、なんとか最後まで弾けました。ハイ。

 ウチの子どもに限らず、途中で「ママ~」と泣いているお子さんもいましたが、こういうのもいい経験じゃないのかな?なんて都合のいいように解釈したりしてね。
 ママがママだけじゃなくって、楽器のプレイヤーである瞬間を、小さいうちから目にできるのもいいものじゃないですか?ね、ね?

 小さな子ども自身が「楽しむ」までにはまだまだ時間がかかりそうですが、子どもが泣いてもOKな演奏会があることが、家族で音楽を楽しめることに通じるといいなあ。

 本番まであまり練習回数もない中で、それでも本番までにまとめられたあたり、やはりママオケパワーを感じてしまいました。
 しかもお天気も寒いながらも雨にはならず。ママオケに関わるときは、雨の予報でも結構降らずじまいになることが多いんですよ。不思議。
 こういう機会を持てたことに感謝。
              ありがとうございました


 演奏終了後、ホールの前で全員集合。
 
              集合です!


 今回も楽しかったですね。
 次回の機会もまた、楽しんで演奏したいものです!
スポンサーサイト

FMサルースに出演しました

 9月20日木曜日、横浜市青葉区周辺で放送されているFMサルースの、「トピックス~親子でGo!」にメンバー4人で出演しました~♪

 7月7日にママオケが出演したあざみ野の、「子育てフェスタ」に取材に来られていたパーソナリティの方が、スタジオに誘ってくださったのです。

 いくら放送エリアが狭いとは言っても、公共の電波に乗っちゃうわけですから、けっこうスゴイことではありませんか?!
 
 ワタクシ自身、このような経験は初めて。FM放送のスタジオってどんなとこなの?というヤジウマ的なノリもありつつ、参加してまいりました。
 スタジオに到着してみると(到着するまでに道に迷って右往左往しちゃったワタシ)、そこは学校の放送室のような(失礼)、こじんまりとした空間でした。ディレクター側の部屋にはたくさんのCDと機材。スタジオブースは椅子4~5個で満杯のせまーい空間です。ウチの子どもは初めて来る場所なので緊張して、なかなかスタジオに入ろうとせず、放送に参加できないかな~と思いましたが、なんとか時間までには慣れてくれ、無事に放送スタート。

 パーソナリティの方がママオケについて紹介してくれたあと、軽くそれぞれが自己紹介。その後代表の新米さんが結成のきっかけや練習場所、練習の様子、演奏したことのある曲などを話しました。そしてそれぞれがママオケをしていて大変なこと、楽しいこと、やりがいのあることなどを話しました。
 思わずワタシ(というか他の3人)が拍手をしてしまったのは、新米さんの、「大変なことはありません!」というお言葉です。新米さんの多岐にわたる膨大な活動は、ワタシから見れば尊敬するのみですが、それらは大変じゃない、というその力強い発言。さすがですね~。
 ちなみにワタシは、移動の大変さを訴えてしまいました(笑)。
 もちろん、好きなことをやりにいくわけで大変じゃないんだけど、物理的に重い、とかいう意味で大変なのでついつい。

 生演奏ではレスピーギのシチリアーナを、バイオリン2台とフルート1台で演奏しました。
 この曲はなんとなく切ない感じでとても好きな曲です。それを、ワタシは今回は演奏なしで参加したため、生演奏独り占め!な気分で聴くことができました~。
 そうそう、演奏の前のインタビューの間に、新米さんのお子さんはすやすや夢の世界へワープしてしまい、演奏の間はパーソナリティの方が抱っこしていたんですよ。子どもを抱っこしながら放送するパーソナリティって、不思議な光景でした。

 最後に10月14日の南太田祭りとメンバー募集の告知をして終了。
 なかなか得がたい経験でした。

 ラジオ出演の次はテレビ?それとも新聞?
 夢が広がるママオケです!
 

 ☆お詫び☆
 画像を撮りたかったのですが・・・
 出演中はすっかりカメラのことは忘れ・・・しかも出演前の練習中の写真を撮ったところで電池が切れそうになってしまい、まったく画像ナシです。すみません~。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。